About

マヨルカアーモンドとは・・・

地中海の宝石と呼ばれる、スペインの離島マヨルカ島。マヨルカのアーモンド栽培の歴史は、ローマ時代へとさかのぼります。
現在マヨルカ島では、100種類以上ものアーモンドの品種が栽培されています。

あまり知られていませんが、アーモンド生産量世界一のアメリカへ運ばれたアーモンドの苗木は、ここマヨルカのもの。
マヨルカには苗木を伝えた宣教師の居住跡も、まだ残されています。

そんな歴史あるマヨルカのアーモンドですが、生産量が少なく、あまり国内から出ることがないため、日本では手にすることが難しいのではないでしょうか?

しかし、マヨルカアーモンドの価値は、その希少性だけではありません。
その高い栄養価、深い風味と味わいは研究の数値からもはっきりしていますが、実際他の産地のものと食べ比べていただくと、その違いが一瞬でお分かりいただけると思います。
私どもは、本場マヨルカで愛され続けている「グラニザッ・ダ・マトラ」というアーモンドグラニテを中心に、商品をご提供させていただいております。

鼻腔に広がる、挽きたてのアーモンドの香りは格別です。
その官能とも言える香りを味わっていただけるように、職人が「挽きたて」にこだわって一品一品丁寧に作り上げております。

商品ご購入の前に、ぜひ 「マヨルカアーモンドの秘密」をご覧ください。

マヨルカの肥沃な大地で育つ食物はその味も濃く凝縮された味。

農産に適した地中海気候が生む、太陽と大地の味です。

マヨルカではアーモンドの品種が100種栽培されていると言われています。

日本でもおなじみのマルコナは、数ある品種の中のたった一つです。

この花、日本の桜に似ていませんか?この可憐な花が、アーモンドの花です。

マヨルカでも春になると、白やピンクのアーモンドの花が満開になります。

マヨルカアーモンドを知り尽くした男が辿り付いたグラニザッ・ダ・マトラ。

希少なマヨルカの食材を活かすための、職人の想いとは。

受注生産にこだわる理由をご理解いただくために、一読していただけますと幸いです。

⇒職人のアーモンドにかけるこだわりはこちら

シンプルな焼き菓子は、素材が命。
こだわりのアーモンドで、今までにない味と風味をお楽しみください。